タクトインターナショナル プチ留学スリランカ

スリランカの生活情報

スリランカの気候は一年中暖かく、綺麗な海と7つの世界遺産を観に世界中から観光客が訪れています。
特に昔からヨーロッパ人の観光客が多く訪れていましたが、最近は中東や日本からのお客様も増えてきました。 スリランカの医療水準も他のアジア諸国と比べるととても高く、しかも医療は無料です。

環境

田舎に行くと、日本の30年前の車が走り、街全体が薄く暗く感じられますが、スリランカ人は大変明るく親しみやすい国民です。特に日本人には親切です。同じ仏教国だからかもしれません。治安も心配要りません。
レッスンのない時間帯やお休みの日は、ホストファミリーや新しくできた友達と交流や観光などをしてスリランカ生活を満喫してください。
    

後方の山はシーギリヤ ロック。スリランカは美しい花や綺麗な海岸線も多い国です。

スリランカは長い間、内戦状態でしたが、今は平和が戻り、シンハラ人、タミル人共に新しい国創りに邁進しています。
スリランカの景色も素晴らしく、気候も一年中穏やかで、毎年スリランカを訪れる観光客も増えてきました。特に昔から多くのヨーロッパ人が訪れ、最近では中東、中国、韓国からの観光客も増えてきました。
           

     

オーストリアから      ドイツからも
大勢スリランカを訪れています

発展途上国ではありますがスリランカ人の識字率は94%と非常に高いです。
スリランカの医療水準は高く、特に教育には力を入れています。
スリランカは長い間イギリスの植民地になっていた時代がありました。したがって英語は日常的に使用されておりほとんどのスリランカ人は英語を話します。
現在でも、英語教育に特に力を入れています。英語の教師の中には、イギリスで英語の勉強をした人が大勢います。
英語を学びながら、仏教国としてアジアの中でも長い歴史を持っているスリランカの文化や歴史を一緒に学んでください。

食事

食事は、箸を使わず右手で食べます。なれると非常に合理的です。是非トライしてみてください。スリランカでは、朝と夜は比較的簡単な食事で、昼は何種類ものカレー料理が出ます。
日本人にはちょっと辛いかも知れませんが、調整もしてもらえますので、結構おいしく食べられます。また、スリランカのおいしい家庭料理を教わってみてはいかがでしょうか。

電圧

スリランカでは230から240ボルトの電圧です。日本から持参する電化製品は必ず変圧器をお使いください。(プラグも忘れずにお持ちください。)

衛生面

日本人留学生のために、部屋やトイレ・バスルームをきれいに掃除してホストファミリーは皆様をお待ちしています。
仏教国であり生き物を殺さない習慣があります。家の中に蟻や蚊がいても特に殺さず、そのままにしておくことがあります。(日本では考えられませんが)
特に蚊に刺されやすい人は、蚊取り線香を炊いてください。(現地で売っている電気の虫除け機器は蚊取り線香より良く効きます。)
浴室にはバスタブはありません。また、水シャワーが一般的です。ただ、数は少ないですが、温水シャワーつきのホームスティ先もあります。

トイレ

トイレにはトイレットペーパーを備え付けてないのが一般的ですが、皆様のホームスティ先には用意してあります。
観光に行かれるときにはティッシュペーパー等を持参ください。

飲料水

水を飲む際は、必ずボイルされた水か、ミネラルウォーターをご自分で購入し、お飲みください。
滞在中は市中で販売している.5リットル入りのミネラルウォーターをご利用下さい。


Copyright(C)2011 MIROMA Tours All rights reserved.